Windows用プロキシサーバ
Windows Proxy Server
WinGate プロキシサーバ

リリースノート

WinGate9.x

バージョン 9.2.0 (Build 5975) 2018.6.27 リリース

  •  修正: Policy: 幾つかの種類のプロパティダイアログは、非モーダルで開く問題を修正しました。
  • 修正: Timeline: ペインのサイズが0の幅に縮小されている場合に、ゼロ幅となる問題を修正しました。
  • 修正: Logging: ログファイルの検索に関する自動報告のクラッシュを修正しました。
  • 修正: WinGate Management: ユーザーインターフェースフレームワークの初期化に関連した、自動報告のクラッシュを修正しました。
  • 修正: Data Lists: ファイルベースのリストのコンテンツをリフレッシュする際のアクセスの安全性に関する自動報告のクラッシュを修正しました。
  • 修正: User Database: WinGateユーザおよびグループのユーザオブジェクトハンドルの安全性チェックに関連する、自動報告のクラッシュを修正しました。
  • 修正: Uninstall: アンインストール時にluaスクリプトファイルが見つからないという問題を修正しました。
  • 修正: WinGate NAT: シャットダウン時に競合状態によって引き起こされていた、自動報告のクラッシュを修正しました。
  • 修正: Email Panel: ユーザーをメールボックスに接続するときのツールチップに関連した自動報告のクラッシュを修正しました。
  • 修正: Jscript: 文字列リテラルと共に使用すると、文字列長の属性を持つことに関連した自動報告のクラッシュを修正しました。
  • 新規: Server Core: 現在Windows Server Coreをサポートします。これには別のコンピュータにWinGate Managementをインストールして実行する必要があります。 WinGateはリモートコントロールサービスをインストール可能にします。
  • 新規: Firewall: ポートセキュリティにデフォルトのオプションを追加しました。これによりログを記録するか、SYNクッキーを使用するか、接続失敗をテーブル単位で隠すかを指定できます。
  • 新規: DNS client: EnableServer、DisableServer、およびIsServerEnabled – スクリプトがDNSクライアントによって使用されるDNSサーバーを有効または無効にできるようにするために、DNSClientグローバルオブジェクトのスキーマメンバー関数を公開しました。
  • 新規: WWW proxy: httpsを使用してバックエンドサーバーに接続する際にリバースプロキシが使用するSNIオプションを指定するサポートが追加されました。
  • 新規: TCP Mapping: ポリシーが上流接続の宛先を指示できるように、新しいイベントPreConnectを追加しました。 これにはエンタープライズライセンスが必要です。
  • 新規: Activity: マシンレコードからクレデンシャルを破棄し、クレデンシャルルールの変更をより簡単に適用できるようにするオプションが追加されました。
  • 新規: Schema: 公開されたスキーマを使用して、イベント処理からアクセス可能な複数のメンバー値を作成します。 ClientSNIValue、および ServerName。
  • 新規: Mail list: 追加のリスト関連のヘッダを追加し、 “DMARC-checking”レシーバを満たすためにFrom:ヘッダーを書き直しました。
  • 新規: Uninstall: アンインストールサーベイを追加しました。

バージョン 9.1.5 (Build 5965) 2018.4.30 リリース

  • 修正: JScript Item: スクリプトが2k文字より長い場合にクラッシュする問題を修正しました。
  • 修正: JScript Item: ソース文字列の破棄と最初のトークンが空の場合に不適切な処理を含むString.Tokenizeの問題を修正しました。
  • 修正: SOCKS: SOCKS4aがクライアントによって使用されている場合は、適切に報告して表示します。(SOCKS4として報告されていました)
  • 新規: Session Schema: スクリプトからセッションログにログできるように、Session.LogEvent関数をスキーマに追加しました。
  • 新規: SOCKS Schema: プロキシがターゲットを解決しているSOCKS接続要求の宛先のポリシー制御を許可するために、Session.ServerNameを追加しました。 上書きすることができます。

バージョン 9.1.4 (Build 5962) 2018.4.10 リリース

  • 修正: 通知: バージョン9.1.3で、無効な通知プランに通知を報告するとクラッシュする問題を修正しました。
  • 修正: テレメトリ: テレメトリとクラッシュダンプをアップロードするためのアップロードタイムアウト(1分)を削除しました。

バージョン 9.1.3 (Build 5958) 2018.3.22 リリース

  • 修正: HTTP エラー応答: Webアクセスコントロールブロックページに埋め込みデータのXMLエンコーディングを修正しました。
  • 修正: HTTP エラー応答: Web Adminサービスの内部ブロックページで、埋め込みデータのXMLエンコーディングを修正しました。
  • 修正: SIP Proxy: 一部のメッセージで壊れていたデバッグログを修正しました。
  • 修正: HTTPイベント: ランタイムのHeaders.Clear機能を修正しました。
  • 修正: HTTP Cache: ログイン直後にユーザーインターフェイスで自動的に報告された場合があったクラッシュを修正しました。
  • 修正: WinGateユーザーとグループ: 認証時の構成エラーに関連して、自動的に報告されていたクラッシュを修正しました。
  • 新規: ブロックページ: カスタム応答に{ACCOUNT}を追加しました。ログインしたユーザーアカウントを報告するページテンプレートをブロックしました。
  • 新規: Web Admin Service: WWWプロキシカスタム応答と同様のカスタム応答ページのサポートが追加されました。
  • 新規: テレメトリー: 使用されているサービスの種類に関する情報を収集するために、いくつかの属性を追加しました

バージョン 9.1.2 (Build 5956) 2017.12.18 リリース

  • 修正: HTTP エラー応答: 応答ページに埋め込まれたデータのXMLエンコーディングを修正しました。WinGateブロックページによるXSS攻撃を防止します。
  • 修正: ディレクトリ参照: httpsを使用してディレクトリを参照するためのアイコンファイルへのリンクに関する問題を修正しました。
  • 修正: AD コネクター: 特定のDNS情報がない、信頼されていないドメインの列挙に関するクラッシュを修正しました。
  • 修正: AD コネクター: LDAPクエリのいくつかの引数で、いくつかのエンコードの問題を修正しました。
  • 修正: ヘルプシステム: hhctrl.ocxの読み込みに失敗した場合のクラッシュを修正しました。
  • 修正: スキーマスクリプト: スクリプトにさまざまな演算子のオペランドが十分含まれていない場合のクラッシュを修正しました。
  • 修正: HTTPベーシック認証: UTF-8でユーザー/パスを受け取るように設定するようにチャレンジするcharset auth paramが追加されました。
  • 修正: ルートテーブルチェック: ルートテーブルにゲートウェイ経由のルートが含まれていない場合のクラッシュを修正しました。
  • 修正: サービスバインド: バインディングが変更されているときに、競合状態でクラッシュする問題を修正しました。
  • 修正: ダッシュボード: ダッシュボードが削除され、更新を受け取ったときにクラッシュする競合状態を修正しました。

バージョン 9.1.1 (Build 5951) 2017.10.9 リリース

  • 修正: WINS: 特定のWINSブロードキャストパケットを受信すると、まれに自動レポートがクラッシュする問題を修正しました。
  • 修正: Activity: CONNECT server:portリクエストに対して、クリップボードへのURLのコピーが機能していなかった問題を修正しました。
  • 修正: WinGate: インターフェイステーブルの変更チェックに関する、まれに自動レポートがクラッシュする問題を修正しました。
  • 修正: WinGate Management: 同期モジュールの進行状況を示すダイアログに関連して、まれに自動レポートがクラッシュする問題を修正しました。
  • 修正: Web Access Rules: レポートヘッダーのコンテキストメニューを修正しました。
  • 修正: Send/Recv: 保留完了がエラーとともに呼び出された場合、正しいエラーコードを報告するように修正しました。
  • 修正: Shutdown: 共有データ値を更新するロギングに関するシャットダウン時のクラッシュを修正しました。
  • 修正: Minidumps: シャットダウン時のミニダンプ生成時にクラッシュする場合があった現象を修正しました。
  • 新規: Web Access Rules: ページをブロックするために${USER} と ${IP} オプションを追加しました。

バージョン 9.1.0 (Build 5945) 2017.9.27 リリース

  • 新規: Active Directory: 複数の信頼できるフォレスト/ドメインで動作します。(エンタープライズ版のみ)
  • 新規: Credential rules: ドメインコンピュータの資格情報の継承を防止する新しい設定は、Webサイトへのユーザーアクセスを制限する際に認証されるシステムサービスとの間でバトルする必要がなくなったことを意味します。
  • 新規: Reverse Proxy: SSL / TLSを使用するリバースプロキシのサイトごとにクライアント証明書が必要かどうかを設定できるようになりました。
  • 新規: User interface: Codejockユーザーインターフェイスフレームワークの最新バージョンに更新されました。
  • 新規: WinGate Updates: ユーザーインターフェースを変更しました。
  • 新規: Logos: WinGate、Kaspersky AV、Lumen、SMSコネクタ用のアイコン/ロゴを変更しました。
  • 修正: Web Proxy: スクリプト内の一部の関数で誤った数の引数が使用された場合にクラッシュする問題を修正しました。
  • 修正: Web Activity: それが無効になったときの最初の実行時のタイムラインへのWebアクティビティアイテムのロギングを修正しました。
  • 修正: Licensing: パネルが表示されていない間にライセンスが変更された場合は、ライセンスパネルがクラッシュした問題を修正しました。
  • 修正: Services: LookupPrivilegeへのコールで、サービスの開始時にポート競合のチェックに関連してクラッシュする問題を修正しました。
  • 修正: DNS client: GetNetworkParamsの呼び出しでクラッシュしていた問題を修正しました。システムの既知のDNSサーバーを列挙するためにDnsQueryConfigを使用するようになりました。
  • 修正: Localization: 異なるフォルダー(WinGateのサブフォルダではない)にインストールされたローカライズモジュールの問題を修正しました。
  • 修正: Localization: 不足しているリソースをファイルに書き込む際の問題を解しました。

バージョン 9.0.8 (Build 5935) 2017.8.21 リリース

  • 修正:各種:WinGate管理とWinGateエンジンで自動的に報告されたいくつかのクラッシュを修正しました。
  • 修正:フローチャートポリシー:ローカライズされたインターフェイスに関連したメソッドの並べ替え順序が変更されていたリストルックアップの問題を修正しました。
  • 修正:通知:クラッシュ自動レポートに関連した、通知レポートのロギングを修正しました。

バージョン 9.0.7 (Build 5933) 2017.7.14 リリース

  • 修正: AD connector: 使用可能な認証方式のテストに関するSOCKS認証のクラッシュを修正しました。
  • 修正: Various: いくつかの文字列でのさまざまなローカライゼーションの問題を修正しました。

バージョン 9.0.6 (Build 5929) 2017.6.8 リリース

  • 修正: Services: 内部向け接続の高レートでの問題を修正しました。
  • 修正: WinGate Engine: エンジンの停止時の断続的なクラッシュを修正しました。
  • 修正: Localization: ローカライズのための多くのハードコーディングされた文字列を使用可能にしました。
  • 修正: Email UI: 電子メールアドレスハンドラ制限の表示を修正しました。
  • 修正: WWW proxy: ファイル名に % が含まれているファイルを扱う際のWebサーバーの問題を修正しました。
  • 新規: Licenses: ライセンス数を超えた場合、インシデントのレポートを通知します。

バージョン 9.0.5 (Build 5926) 2017.4.5 リリース

  • 修正: Locking: 負荷がかかっている際に、競合しているロックのスレッドの枯渇による安定性の問題を解決するために、FIFOロックを取得する方法に戻しました。
  • 修正: WWW proxy: 応答ヘッダーにCRとCRLFの行末が混在する際のパーサーの問題を修正しました。
  • 修正: Credential Rules: 複数のIPマッチングサブ範囲が定義されている場合に、参照に失敗問題を修正しました。
  • 修正: Web Access Rules: ユーザー名にXMLの特殊文字(アンパサンドなど)が含まれている場合のルール内の表示の問題を修正しました。
  • 修正: Web Access Rules: レジストリのマージによって複数の競合するルールエントリが発生する問題を修正しました。
  • 修正: WinGate Engine: サービス削除中のシャットダウン時のクラッシュを修正しました。
  • 修正: WinGate Management: タスクパネルが非表示になっているときに、一部のパネルからコンテキストメニューにアクセスする際に、自動的に報告されるクラッシュの問題を修正しました。
  • 変更: String handling: 文字列がコピーされるいくつかの場所でパフォーマンスが向上しました。
  • 変更: Web Access: 競合を減らしパフォーマンスを向上させるためのリファクタリングによるロック
  • 変更: Minidump reporting: クラッシュ時にさらにデータを収集し、ミニダンプをzipで提出します。

バージョン 9.0.4 (Build 5915) 2017.2.13 リリース

  • 修正: TLS in services: RC4と3DESのディプリケーションに関連する暗号スイートの問題が許可され、古いクライアントがTLSに接続できなかった問題を修正しました。
  • 修正: WinGate Engine: WinGateエンジンのシャットダウン時にクラッシュが自動的に報告されていた現象を修正しました。
  • 修正: Categories: カテゴリを追加して名前をクリアすると、ユーザーインターフェイスでラッシュが自動的に報告されていた現象を修正しました。
  • 修正: Permissions: 選択項目を変更するときに時々発生する、ユーザーインターフェイスのクラッシュを自動的に報告する問題を修正しました。
  • 修正: WinGate Management: ユーザーからの資格情報の要求に関するユーザーインターフェイスのクラッシュが自動的に報告される問題を修正しました。
  • 修正: Telemetry: プレフィックスの欠落に関するいくつかの修正

バージョン 9.0.3 (Build 5911) 2017.1.25 リリース

  • 修正: WinGate Management: 特殊文字を含むカテゴリの表示問題を修正しました。
  • 修正: DHCP: クライアントのネットワーク変更要求が古いIPに拒否されずに与えられていた問題を修正しました。
  • 修正: Localization: WinGateのローカライゼーションによるWindows 7の問題が修正されました。これは、WinGateマネージメントを開始できなくしていました。
  • 変更: TLS client certs: クライアント証明書を要求するように設定することが必要です 。
  • 変更: Telemetry: さまざまな修正とレポートの対象期間を記録する開始タイムスタンプを追加

バージョン 9.0.2 (Build 5909) 2017.1.13 リリース

これはWinGate 9のアプリケーションエクスペリエンス機能によって報告されたバグを修正した初期メンテナンスリリースです。

  • 修正: WinGate Management: 新しいサービスを作成する際に、ダイアログでサービスが表示される前にダイアログのOKボタンがクリックされた場合にクラッシュしていた問題を修正しました。
  • 修正: Activation: ユーザーがロードされていない製品のライセンスを無効にした場合にクラッシュしていた問題を修正しました(例:古いPureSightライセンス)
  • 修正: Installer: Windows 7でKB2533623が存在するかどうかを確認します。これはWinGateがモジュールを読み込むために必要です。(通常はWindowsのアップデートによってインストールされます)
  • 修正: WinGate Updates: 新しい更新プログラムの通知が修正され、新しい更新プログラムが常に通知されるようになりました。
  • 修正: Minidump generation: 例外情報のないミニダンプの生成に関する問題を修正しました。
  • 修正: Application Experience: いくつかの場合に利用できないインスタンスIDをインストールする問題を修正しました。

バージョン 9.0.1 (Build 5906) 2016.12.29 リリース

これはWinGate 9のアプリケーションエクスペリエンス機能によって報告されたバグを修正した初期メンテナンスリリースです。

  • 修正: WinGate Engine: パッケージがインストールされていない場所で、WinGate Managementが接続するとエンジンがクラッシュする問題を修正しました。(WinGateのインストール後にパッケージレジストリキーを削除すると発生する可能性がありました)
  • 修正: WinGate Management: 以前にWinGateに接続していた場合、ユーザーがログイン時にF1キーを押した場合、または言語設定ダイアログボックスを使用した場合のクラッシュを修正しました。
  • 修正: DNS server: セッションのタイムアウトが短すぎるように設定されている場合、競合状態でのクラッシュを修正しました。 現在、タイムアウトはプロキシで設定されていません。(これらはDNSクライアントの機能です)
  • 修正: WinGate Engine: 幾つかの場合、システムルートテーブルへの変更をチェックする際のクラッシュを修正しました。
  • 修正: Updates: 製品のステータスが更新される場合に、時々クラッシュする問題を修正しました。

バージョン 9.0.0 (Build 5902) 2016.12.12 リリース

プラットフォーム関連

  • 新規: ネイティブの64ビットのみに移行し、32ビットのWindowsウィンドウのサポートを削除しました。
  • 新規: Windows XP Windows 2003 serverはサポートされません。最小推奨OSは、 Windows 7 x64 / 2008 R2 server以降です。
  • 変更: VS2015ランタイムの展開が必要なVisual Studio 2015にビルド環境を移行しました。
    パフォーマンス関連
  • 変更: HTTP Proxy: 解析効率を向上させ、メモリヒープアクセスを削減するための効率的な解析
  • 変更: HTTP Proxy: システムコール数を減らすためのバッファサイズの増加
  • 変更: HTTP Proxy: 合理化されたバッファマネージャは、より少ない割り当てを使用し、バッファプールの周りの競合を減らします。
  • 変更: HTTP Proxy: 解析作業負荷を軽減するためにファイルを提供するための合理化されたコードパス
  • 変更: HTTP Cache: さまざまなパフォーマンスの改善
  • 変更: Events: 処理イベントに対するロック競合の低減を含む、イベント処理に対する様々な最適化
  • 変更: Network IO: データを送信する際にシステムコールを減らすために重複送信へ移行しました。
  • 変更: Service: IO完了ポートを使用して接続を受け入れます。
  • 変更: Performance: 改善されたパターンマッチングアルゴリズムのパフォーマンスは、データリストの参照に影響します。
  • 変更: Performance: WinGate全体で広く使用されているユニコード <> UTF-8 / ANSI変換のパフォーマンスが改善されました
  • 変更: Locking: ロック取得コストを向上させることで全体的なパフォーマンスが向上しました。
  • 変更: String formatting: メモリー割り当てを減らすための改良された文字列フォーマットコード
  • 変更: String encoding: さまざまな文字列エンコーディング関数の速度を改善しました。
  • 変更: Performance: メモリヒープのアクセスとコピーを減らすためのさまざまな変更
  • 変更: Data: 監視されたデータのパフォーマンスを向上させるためにカウンタの周りの競合/ロックを減らしました
  • 変更: TCP Mapping proxy: プロキシのスループットパフォーマンスの向上
  • 変更: SMTP delivery: 改善された配信パフォーマンスのための送信バッファサイズを増加
  • 変更: Timeline: 大規模なタイムラインデータベースの負荷を軽減するためのさまざまなパフォーマンスの向上

Web関連

  • 新規: HTTP Proxy: 内部向け接続でSNIをサポートするようになりました。 これは証明書が異なる複数のリバースプロキシサイトをサポートする場合に便利です。
  • 新規: HTTP Proxy: TLSレコードとSNIの初期パケットチェックを検査します。 これは、インターセプトされた接続のSNIをサポートし、プロキシへの迂回接続用のhttpsを許可します(SSL peek and bumpとも呼ばれます)。
  • 新規: Cache: 部分応答のキャッシュをサポートしました。 <> 25: 変更: HTTP Proxy:上記のような多数のパフォーマンス改善。
  • 変更: HTTP Proxy: GET / HEAD要求にメッセージ本文を含めるかどうかを明示的に制御できるようになりました。
  • 修正: Cache: キャッシュボリュームの問題に関するエラーレポートの改善(Ramdiskキャッシュサポートの一部)
  • 修正: Web Access Rules: Webアクセスルール作成ウィザードのナビゲーションを修正しました。

その他

  • 新規: SIP Proxy: タイムラインで電話を追跡し、SIP電話機を使用して行われたコールをブロックできます。
  • 新規: TCP Mapping: クライアント側とサーバー側の接続のTCPキープアライブ設定に対する制御を追加
  • 新規: WinGate Management: アクティビティビューのフィルタリングが追加されました。 トラフィックを表示または非表示にするIPのリストを設定できるようになりました。
  • 新規: Application Experience: WinGateの使用についての情報を収集し、開発のための機能の優先順位付けを支援します。
  • 新規: Application Experience: 分析およびバグ修正のために、クラッシュダンプ/ミニダンプファイルおよび情報をサーバーに自動的にアップロードします。
  • 新規: Logging: 新しいログ移行ウィザードでログフォルダを移動できます。
  • 新規: SQL statement: アイテムはリザルトからイベントハンドラで使用するためのイベントデータにデータベースレコードフィールドデータをコピーできるようになりました
  • 新規: SQL statement: アイテムをイベント処理に直接追加できるようになりました
  • 新規: SQL statement: ポリシーアイテムは、INSERT / UPDATE / DELETEクエリで行が影響を受けているかどうかを確認できるようになりました
  • 新規: Policy: 電子メール送信アイテムはファイルを添付できるようになりました。
  • 新規: Policy: 新しいログエントリ項目は、ポリシーまたはイベント内から現在のサービスログファイルにログすることができます(プロまたはエンタープライズのみ)
  • 新規: Scheduler: イベントが次に実行されるときの分の値をランダム化するオプションを追加しました。 アップデートチェッカー、カントリーアップデート(新規インストール時)に使用されます。 リモートサーバへのアクセスの負荷分散に役立ちます。
  • Config Utility: マップされていないファイルパスをエクスポートするための -nomap オプションを追加しました。
  • 新規: IPtoCountry: 更新の問題をロギングと通知の使用を追加しました。
  • 新規: IPtoCountry: IpToCountryをスクリプトからグローバルにアクセス可能なオブジェクトとして追加し、 “CountryForIp”関数を追加しました。
  • 新規: POP3 Server: POP3サーバーにSessionCompleteイベントを追加しました。 POP3クライアントの接続が解除された後、フォルダ内に残っているメッセージ数や削除されたメッセージ数を確認できます
  • 変更: WinGate Management: WinGateマネージメントの接続は、接続元のIPの以前に確立したキャッシュされた資格情報から資格情報を継承しません。
  • 変更: WinGate Management: ログイン/ログアウトと認証失敗の周りのロギングを追加しました。
  • 変更: WinGate Management: 新しいバージョンのCodejockユーザーインターフェイスライブラリに移行しました。
  • 変更: WinGate Management: ユーザーインターフェースを調整し、タブとクイックアクセスボタンをより見やすくし、WG8と視覚的に区別しましました
  • 変更: Notifications Panel: 一度に複数のインシデントを閉じることができるようになりました
  • 変更: Email: バイナリセーフなメールファイル処理。 埋め込まれた非ASCIIベースの文字セットの一部が壊れていた問題がありました。
  • 変更: Logging: セッションの作成と終了は、デバッグではなく情報レベルでログに記録されるようになりました。
  • 変更: Resources Panel: 主にパフォーマンスコストと実用性の欠如のために、さまざまな理由でリソースパネルを削除しました。
  • 変更: OpenSSL: Version 1.0.2jに更新しました
  • 変更: Scilexer: コード(スクリプト)ウィンドウのコンテキスト強調表示のための新しいscilexer
  • 変更: Licensing: 試用モードでライセンス制限機能にアクセスすることをWinGateが通知する方法を変更し、通知の目的に関する混乱を減らしました。
  • 変更: Installer: メールスプール、Web管理者、証明書、リソース、カスタムレスポンスフォルダをProgramDataに移行
  • 修正: Authentication: 認証が失敗したいくつかのケースが正しく報告されていなかった/認証失敗イベントが処理されました。
  • 修正: IpToCountry: ダウンロードしたファイルのファイル検証が向上
  • 修正: Various: その他多くの修正